【初心者必見】ファクタリングとはどんなサービス?仕組みとメリット・デメリットを紹介!

今回は、ファクタリングについてくわしくまとめていきます

ファクタリングは近年、企業の資金調達の新しい方法として注目されているサービスです。

企業を経営している方のなかには、すでに興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

それでは、ファクタリングとはこれまでの銀行融資や手形割引などの資金調達とくらべて、一体どのような特徴があるのでしょうか?

ここでは、そんなファクタリングの仕組みやメリット・デメリット、そしておすすめの業者について紹介していきたいと思います。

この記事のポイントをまとめると…
  • ファクタリングは売掛債権の買取サービス
  • すぐに現金が必要なときに便利
  • 債権回収のリスクを避けられる
  • 悪質な業者もあるので注意が必要
  • おすすめの業者は早くて安い「OLTA

今すぐ資金が必要だという企業は、OLTAを使ってファクタリングをするのがおすすめ。

対応が早く、信頼できる企業で、ファクタリングの定番サービスです。

\オンライン完結!/

OLTAに無料で登録する!

ファクタリングとは?

ファクタリングというのは、企業が保有する売掛債権を買い取ってくれるサービスのことをいいます。

通常、企業間で商品やサービスをやり取りするさいには、わざわざ現金を用いることは少なく、おもに信用取引によって代金は後払いというかたちを取ります。

その代金を受け取る権利のことを、「売掛債権」といいます。

売掛債権は多くの場合、一ヶ月〜数ヶ月後の月末に入金され、そこではじめて「売上」として計上されることになります。

ファクタリングでは、この売掛債権を売却することで、実際に取引先から代金を受け取る前に現金化することができるわけです。

従来は似たようなかたちで、手形を担保にして現金を受け取る「手形割引」が資金調達の手段として多く用いられていました。

しかし、手形割引はあくまで融資の一種なので、バランスシート上では負債となり、企業にとっては不利なあつかいになってしまいます。

一方、債権譲渡は資産というあつかいになるので、現在ではそのやり取りによる取引が多くなっているわけです。

ファクタリングは、そのような社会の変化にともなって登場した新しいサービスといえます。

ファクタリングの仕組み

ファクタリング仕組み

ファクタリングは、どのような流れで売掛債権を現金化することができるのでしょうか。

その仕組みには、大きく分けて以下の2つのパターンがあります。

タイトル
  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

それぞれ特徴も大きく異なってくるので、くわしく説明していきます。

2社間ファクタリング

自社(債権者)とファクタリング業者の2社間のみで契約を行うパターンです。

その流れは、以下のとおりとなります。

  1. ファクタリング業者に売掛債権を売却して代金を受け取る
  2. 期日に取引先(債務者)から売掛金を回収する
  3. ファクタリング業者にその売掛金を支払う

ファクタリング業者の買取価格は、本来の売掛債権の代金から手数料が差し引かれた金額となります。

2社間ファクタリングでは、その手数料は10〜20%が相場となっています。

また、2で行われている取引先から売掛金を回収するプロセスは通常と変わらないので、相手にはファクタリングが行われているという事実は伝わりません

このような2社間ファクタリングは、おもに中小零細の業者が多く行っています。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングでは、自社(債権者)とファクタリング業者にくわえ、取引先(債務者)も契約にかかわります

この場合、以下のような流れとなります。

  1. ファクタリング業者に売掛債権を売却する契約を結ぶ
  2. 同意した取引先もファクタリング業者と契約を結ぶ
  3. ファクタリング業者から売掛債権の代金を受け取る
  4. ファクタリング業者が取引先から売掛金を回収する

このように、3社間ファクタリングでは、売掛金の回収をファクタリング業者が直接行うのが大きな特徴となっています。

契約のさいには取引先の承諾も必要なので、2社間ファクタリングとくらべると時間がかかりやすくなります

一方、手数料は1〜5%と低くなり、回収の手間もはぶくことができるので、自社にとっては大幅なコストカットとなります。

このような3社間ファクタリングは、メガバンクの子会社やグループなどとかかわりのある大手業者によって多く提供されています。

\オンライン完結!/

OLTAに無料で登録する!

ファクタリングのメリット

ファクタリングを行うことで、企業にとってはどのようなメリットが得られるのでしょうか

そのポイントとなるのは、おもに以下の4つです。

ファクタリングのメリット
  • 資金が必要なときにすぐ現金化できる
  • 銀行融資よりも手軽に利用しやすい
  • オフバランス化で財務体質を改善する
  • 回収できずに不良債権となるのをふせげる

サービスを利用するさいには、これらの点もふまえて考えるとよいでしょう。

すぐに現金化できる

ファクタリングの最大のメリットは、必要なときにすぐ現金を用意できるという点です。

売掛債権というのは企業にとって資産ですが、実際に現金になるまでには一か月から数ヶ月程度待たなければいけません。

その一方で、企業の経営にはつねに設備や資材、人材の確保など、さまざまな場面でお金が必要となります。

せっかく業績が好調でも、そうした資金繰りがうまくいかなくなると、黒字倒産となってしまうケースも少なくありません。

そのような事態をふせぐためにも、ファクタリングはとても役立ってくれます。

融資より手軽

ファクタリング以外にも、よく用いられる資金調達の方法に銀行融資があります。

しかし、銀行融資の審査はかなり条件が厳しく、特に赤字決算や税金滞納などがある企業ではなかなかクリアすることができません

担保や保証人を用意しなければいけないのも、ハードルが高いところです。

また、融資は負債となってしまうためバランスシートの悪化にもつながり、返済がとどこおれば信用情報にも傷がついてしまうので、ためらう企業も多いでしょう。

その点、ファクタリングではあくまで売掛債権を資産として取引するだけなので、こういった心配はいっさい必要ありません

売掛債権の取引先にさえ信頼があれば審査も問題なく通り、資金の用途にも制限がないので、より幅広く自由に使うことができます。

財務健全化につながる

企業の財務状況を把握するための指標に、総資産利益率と自己資本比率があります。

ファクタリングによる現金化は、これらを向上させるうえでも役に立ちます。

それぞれの指標については、以下のような計算式であらわされます。

MEMO
  • 総資産利益率=経常利益÷総資産
  • 自己資本比率=自己資本÷総資本

売掛債権はバランスシート上でもともと資産としてあつかわれているため、たとえ現金化したとしても総資産に変化はありません

そのため、総資産利益率や自己資本比率にもまったく影響をあたえません

一方、借入による資金調達をした場合は、その分だけ総資産が増えてしまうので、結果的に総資産利益率も自己資本比率も低下してしまいます。

このように、バランスシートの「資産」から債権を外していくことを、オフバランス化といいます。

オフバランス化による財務健全化をはかることで、それが金融機関の審査などでも有利になることにつながっていきます。

回収のリスクを避けられる

売掛債権には時効があるので、取引先が経営不振におちいったり、倒産したりすると、最終的に回収できない不良債権となってしまう可能性もあります。

ファクタリングによる現金化は、そのようなリスクを回避する方法としても役立ちます。

たとえば、3社間ファクタリングの場合は、債権そのものをファクタリング業者に引き渡すことになるので、回収する必要がなくなります。

一方、2社間ファクタリングの場合は、自社で回収してからファクタリング業者に支払わなければいけませんが、多くの場合は「償還請求権なし(ノンリコース)」の契約となっているため、たとえ回収できなくなったとしても支払い義務は生じません。

このように、ファクタリングで売掛債権を売却してしまえば、基本的にその後の回収不能のリスクを心配をする必要はなくなるわけです。

これを利用して、たとえばはじめて契約する取引先などに対しては、まず最初はファクタリングで保険をかけておくという方法もあります。

\オンライン完結!/

OLTAに無料で登録する!

ファクタリングのデメリット

それでは、反対にファクタリングを行うことでデメリットとなることもあるのでしょうか

そのおもなポイントとなるのは、以下の2つです。

ファクタリングのデメリット
  • 本来受け取るはずの売掛金より得られる金額が低い
  • 取引先に知られることで信用を失う可能性がある

利用を検討するさいには、これらについてもあらかじめよく考えておきましょう。

売掛金より金額が低い

ファクタリングでの買取価格は、本来取引先から受け取る予定だった売掛金よりも低くなります

これは、サービス利用のコストとして、その分の手数料が差し引かれているからです。

手数料は業者によって異なりますが、同じ業者でも売掛債権の評価や利用者の条件などによっても変わってくるので、契約書などにはあらかじめよく目を通しておくようにしましょう。

せっかく資金を調達しても、予定より不足してしまったのでは意味がありません。

特に、2社間ファクタリングでは手数料の割合が大きくなりやすいので注意してください。

信用が落ちる可能性がある

ファクタリングを利用することは、基本的に何の問題もない行動です。

融資ではないので、信用情報に傷がつくこともなく、またバランスシートでも不利になるようなことはありません。

しかし、取引先からすると、そこまでするほど資金繰りに苦労しているのか、といったマイナスイメージをあたえかねません。

そして、それが相手からの信用を落とすきっかけとなる可能性も十分に考えられます。

そうしたリスクを避けたいのであれば、2社間ファクタリングで取引先には一切知られないようにするのが無難でしょう。

ただし、2社間ファクタリングでも、ファクタリング業者が債権譲渡が行われたという証明のために、債権譲渡登記を行うケースがあります。

この場合、記録は誰でも見ることができるので、取引先に知られないように注意する必要があります。

ファクタリングで知っておくべき基礎知識

ファクタリングを実際に利用する前に、ぜひ知っておいてほしいことがあります。

それが、以下の2点です。

ファクタリングで知っておくべき基礎知識
  • コストが融資の金利とくらべても高い
  • 新しいサービスのため法整備が進んでいない

これを知っておかないと、ファクタリングによって損をしてしまったという結果にもなりかねないので、ぜひ目を通しておいてください。

コストが高い

ファクタリングは、リスクなしでとても手軽に資金調達できるすぐれたサービスです。

ただし、その分だけ手数料がかなり割高になっていることには気をつけてください。

たとえば、2社間ファクタリングの場合だと、手数料の相場は5〜30%となります。

これはあくまで月間の売掛債権に対する数字なので、年利と比較して考えると、60〜360%というとても高い数字になってしまいます。

つまり、融資と同じような感覚で毎月のように利用していると、かなり損をしてしまう可能性があるわけです。

ファクタリングは融資ではないので、利息制限法が適用されることもなく、このような手数料も違法となるわけではありません。

したがって、あくまで資金不足などの必要にせまられて一時的に利用する、といった方法がもっとも賢いファクタリングの使い方となるでしょう。

ただし、業者によっては年利相当で考えても融資と変わらない程度の手数料であったり、継続利用で手数料が下がるサービスを用意していたりするところもあります。

交渉によってさらに引き下げられる場合もあるので、契約のさいにはその点もよく相談しておきましょう。

悪質な業者もある

ファクタリングは手数料を高く取ることができるサービスなので、なかには悪質な業者がまぎれこんでいることもあります

最近でも、実際にヤミ金業者がファクタリングをよそおって、売掛債権を担保にして違法な貸し付けを行っていた、という事件も報道されました。

ファクタリングはまだ新しいサービスのため、法整備がととのっていないことも、このような原因のひとつとなっています。

もし、以下のようなケースがあった場合は悪質な業者の可能性が高いので、十分に気をつけてください。

悪質な業者の特徴
  • 手数料があまりにも安すぎる
  • 書類をくりかえし何度も提出させる
  • 利息の支払いや担保を請求する
  • 連絡先が携帯電話しかない
  • 契約書の確認をしっかり行わない

基本的には、信頼できる有名なファクタリング業者を利用しておけば、このようなトラブルにもあわずに済むのでおすすめです。

ファクタリングのおすすめ業者

OLTAのトップページ

業者選びが重要なファクタリングで、今もっともおすすめできるサービスが「OLTAです。

その最大の特徴は、「早い」、「安い」、「簡単」という3つの要素がすべてそろっているところです。

クラウドファクタリングなので、わざわざ面談に出かける必要もなく、書類提出まですべての申込手続きをオンラインだけでスムーズに行うことができます。

さらにAIスコアリングによる自動審査によって24時間以内に結果を報告、その内容に同意をすれば、即日あるいは翌営業日までには確実に現金化してくれます。

手数料も2〜9%とひとケタ台におさえ、2社間ファクタリングとしては破格の安さです。

サービス開始からわずか2年で申込総額が150億円を突破するなど、その勢いはまさにトップクラス。

パートナー企業にも、3大メガバンクをはじめ、日本郵政キャピタルなど多くの金融機関が名をつらねているので、安心してまかせることができるでしょう。

興味がある人は、公式サイトから無料で「請求書のかんたん査定」も行えるので、まずはぜひそちらからためしてみてください!

\オンライン完結!/

OLTAに無料で登録する!

ファクタリングまとめ

ここまで、ファクタリングについてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

ファクタリングとは、まだ支払いが行われていない売掛債権を買い取ってもらい、すぐに現金化することができるサービスです。

銀行融資よりも審査がゆるく、スピードも早いので、急に現金が必要となったときにはとても助かるでしょう。

また、財務状況や担保不足などで融資が受けられない企業にとってもチャンスです。

一方で、手数料が高かったり、悪質な業者がまぎれていたりと、気をつけなければならない点もいくつかあります。

その点、OLTAなら信頼性はまったく問題なし、即日入金可能でコストも格安なので、ぜひおすすめします!

\オンライン完結!/

OLTAに無料で登録する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA