【辛口】OLTA(オルタ)のファクタリングがヤバイ!?口コミ・評判を検証!

oltaのファクタリング

今回は、お金を簡単に手に入れられるOLTA」というサービスについてまとめていきます。

急な資金やお金が必要となったときなどに、即日で現金が手に入るファクタリングサービスが今話題です

そのなかでも、特に人気となっているのがクラウドファクタリングのOLTAです。

実際にその評判などを目や耳にして、どのようなサービス内容なのか気になっている人も多いのではないでしょうか?

ここでは、そんなOLTAのメリット・デメリット、口コミでの評判、そしてどのような手順で現金を手に入れるのかを解説していきます。

今すぐにお金が欲しいと思っている方は是非参考にしてみてください。

この記事のポイントをまとめると…
  • オンライン上ですべての手続きを完結するクラウドファクタリング
  • 即日で現金が振り込まれる超スピードサービス
  • 個人からでも利用できるから安心
  • 審査はすごく簡単!
  • 今すぐお金が必要な方はすぐに登録してみよう
  • 登録はメールアドレスだけで大丈夫!

OLTAはオンライン上完結で、圧倒的に安い手数料でファクタリングができるサービス。

メールアドレスなどを登録するだけで、サービスを受けられるので即日で現金を手に入れたい方には最適です。

即日でも最大300万円ほどまでお金が下りるので、今日中にお金が欲しいという方は是非下記から登録してみてください。

\オンライン完結!/

OLTAに無料で登録する!

クラウドファクタリングサービスのOLTAとは?

OLTAのトップページ

OLTAは、数多くのファクタリング業者のなかで今もっとも人気のあるサービスです。

圧倒的な手数料の安さとスピードから多くの企業や個人に利用されています。

OLTAの概要

その人気の秘密は、申込から入金までのすべての手続きをオンライン上で行えるようにしたクラウドファクタリングにあります。

さらに、審査にも独自のAIスコアリングを用いた自動評価を採用。

結果的に、どの業者よりも手軽で、早く、そして安いサービスを提供することに成功しています。

その実績も、2018年のサービス開始からわずか2年ながらすでにトップクラスで、申込総額は150億円を突破する勢いとなっています。

ファクタリングとは

企業と企業が商品やサービスのやり取りをする際は、おもに信用取引による後払いのかたちをとります。

その代金を受け取る権利のことを「売掛債権」といいます。

売掛債権は企業にとって「資産」となりますが、実際に入金されるまでには一ヶ月〜数ヶ月程度かかり、それまでは売上として計上することもできません。

そこで、現金が必要なときに売掛債権を買い取ってくれるのが、ファクタリングのサービスです。

ファクタリングはあくまで債権譲渡を行うだけなので、融資のような負債とはならず、企業や個人にとって安心して資金調達できるのも大きなポイントです。

ポイント

ファクタリングサービスは企業だけでなく個人でも申し込みが可能!

また、審査も銀行融資ほどきびしくはなく、信用情報に登録されることを心配する必要もありません

\オンライン完結!/

OLTAに無料で登録する!

▼ファクタリングの詳細については以下の記事で詳しく解説しています。

ファクタリング【初心者必見】ファクタリングとはどんなサービス?仕組みとメリット・デメリットを紹介!

OLTAのメリット・他のファクタリングサービスとの違い

それでは、OLTAにはほかのファクタリングとくらべて、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

そのおもなポイントとなるのが、以下の4つです。

OLTAのメリット
  • オンライン上だけで完結する簡単な申込
  • 申込から審査・入金までがスピーディー
  • 手数料が安く分かりやすい
  • パートナー企業による安心感

このような、「早い」・「安い」・「簡単」という要素は、まさにどれもファクタリングにとって欠かせないものばかりです。

手軽さ

OLTAの申込方法

 

OLTAは、すべての手続きをオンライン上のみですませることができます。

書類もわざわざ郵送する必要はなく、スキャンした画像ファイルを公式サイトからアップロードするだけでOKです。

面談による審査もないので、遠方の企業や個人でも気軽に利用することができるでしょう。

公式サイトでは、「請求書かんたん査定」によるシミュレーションも利用できるので、まずは簡単に見積もりを出しておきましょう。

スピード

OLTAの他車比較

OLTAAIスコアリングによる自動審査で、よりスピーディーで確実なサービスを実現しています。

まず、申込から審査までは24時間以内、さらにその契約内容に同意すれば、即日あるいは翌営業日までには確実に現金化することができます。

OLTA以外にも、即日入金をうたっているファクタリング業者は数多くありますが、それはあくまで最短のケースで、実際には数週間かかったりするケースも少なくありません。

そんななか、ここまではっきりと条件を示して入金を実践しているのは、OLTAならではのメリットといえるでしょう。

つまり、今すぐお金が欲しいと思っている方でも、最短即日には現金を手に入れることができるサービスです。

メールアドレスなどを登録するだけで、すぐにサービスを受けられますよ。

\オンライン完結!/

OLTAに無料で登録する!

コスト

OLTAの優遇システム

OLTA手数料は、2〜9%とその範囲が明確に示されています。

これは、2社間ファクタリングの手数料の相場が10〜30%ということを考えると、かなり安いといえるでしょう。

ほかのファクタリング業者でも、最安2%を売りにしているところはありますが、実際には上限が高かったり、あるいは示されていなかったりする場合も多く、契約をしてみないとどれぐらいかかるかは不透明となっています。

その点、最大でも10%を超えないOLTAの手数料なら、安心してコストを見込んだ見積もりを行うことができるはずです。

信頼性

OLTAのパートナー企業

OLTAは、3大メガバンクをはじめ、SBIインベストメント、ジャフコ、新生銀行など、さまざまな金融機関とパートナー企業になっています。

資金調達も積極的に行い、サービス開始2年にしてその金額はすでに合計数十億円にまでのぼっています。

ファクタリングというサービスはまだまだ歴史も浅く、これといった規制もないため、じつは悪質な業者も少なくありません。

そんななか、これほどしっかりした経営の土台をきずいているOLTAの信頼性は、利用する企業にとっても大きなメリットといえるでしょう。

\オンライン完結!/

OLTAに無料で登録する!

OLTAのデメリット

それでは、反対にOLTAを利用することでデメリットを受けることはあるのでしょうか

そのポイントとなるのは、おもに以下の2つです。

OLTAのデメリット
  • 3社間ファクタリングが利用できない
  • 買取金額の範囲がはっきり分からない

目的によってはまったく合わないサービスとなる可能性もあるので、よくチェックしておきましょう。

3社間ファクタリングは非対応

ファクタリングは、契約にかかわる会社の数によって以下の2種類に分けることができます

  • 2社間ファクタリング:自社(債権者)とファクタリング業者のみで契約
  • 3社間ファクタリング:自社と取引先(債権者)がそれぞれファクタリング業者と契約

2社間ファクタリングではまず売掛債権を買い取ってもらい、その後、取引先から売掛金の回収を行ったら、それをファクタリング業者に支払います。

一方、3社間ファクタリングでは、権利を買い取ったファクタリング業者がそのまま売掛金の回収まで請け負うことになります。

ほかにも、それぞれ以下のような特徴があります。

取引形態 手数料 スピード 取引先への通知
2社間 10〜30% 早い 行わない
3社間 1〜5% 遅い 行う

3社間ファクタリングでは、取引先との同意も必要となるので、それにかかる時間でどうしてもスムーズさに欠ける面があります。

その反面、手数料は大幅に安くなるというメリットもあります。

OLTAではこのうち、2社間ファクタリングしかあつかっていないので、選択肢がないという点ではデメリットといえるでしょう。

ただし、 OLTAの手数料はもともと2〜9%と3社間ファクタリングとくらべても見おとりしないので、それほど大きなデメリットとはならないでしょう。

買取金額の上限・下限が分からない

多くのファクタリング業者では、買い取ってくれる売掛債権の金額に下限や上限が決められています。

業者によってはその金額を明記しているところもありますが、OLTAでは「上限も下限も設定していない」とあるだけで、いくらからいくらまでを買い取ってくれるのかがはっきりとは分かりません

少なくとも、口コミなどを見るかぎりでは下限は数十万円程度からでも対応してくれるようです。

個人の方で100万円以下のお金が欲しいという方でも手にれることができますね。

一方、上限は公式サイトの「請求書のかんたん査定」で9,999万円までの表示しかないことから、1億円以上の買取はあまり想定していないように思われます。

ただし、いずれも確実なことはいえないので、まずは直接相談してみることをおすすめします。

OLTAの口コミ・評判

ここまでサービス内容についてくわしく見てきましたが、実際にOLTAを利用した人はどのような意見を持っているのでしょうか。

ここでは、ツイッターの口コミを参考にその評判を見ていきましょう。


こちらの方は、やはりOLTAの特長である、「早い」・「安い」、のメリットを強く感じているようです。

ほかのファクタリング業者では宣伝どおりいかなかったという人も多く、OLTAのスピードやコストにおどろきの声を上げている人が多く見られました。

この点だけをとってみても、ファクタリングを利用するならOLTAを選ぶ以外にない、という印象を受けます。

一方、こちらの方のように、オンライン上でのスムーズな手続きによろこびの声を上げている人も目立ちました。

ほかにも、この方と同じようにOLTAをきっかけにファクタリングというサービス自体を知った人も多いようです。

すでに、OLTAというサービスそのものが業界の代名詞となっているような勢いすら感じさせます。

\オンライン完結!/

OLTAに無料で登録する!

OLTAがおすすめな企業や個人

それでは、具体的にどのような企業や個人がOLTAを利用するのに向いているのでしょうか。

おすすめできるのは、以下のような方です。

OLTAがおすすめな企業や個人
  • とにかく早く資金調達したい方
  • あまりコストをかけずに取引したい方
  • ほかの審査になかなか通らない方

これらに当てはまる方であれば、OLTAはかならずおすすめのファクタリング業者となるはずです。

早く現金を用意したい方

OLTAは、申込から実際に入金されるまでがとてもスピーディーです。

また、申込から24時間以内に審査結果が出て、最短で即日、遅くても翌営業日までには入金と時間が明確になっているので、計画も立てやすくなっています。

ほかのファクタリング業者の場合、最短即日とうたっていても、実際にはどれぐらいかかるか分からないことが多いのが実情です。

特に、期日が決まっていて急いでいる企業などは、確実なタイミングで資金調達できるOLTAを利用するのが絶対におすすめです。

\オンライン完結!/

OLTAに無料で登録する!

コストをかけたくないという方

OLTAの手数料は、2〜9%とその幅がはっきり示されています

これは、2社間ファクタリングの手数料の相場を大きく下回り、なおかつ10%を超えることは絶対にないので、見積もりのさいにコストを計算しやすくなります

また、手続きはオンライン上ですべて済ませることができるので、手続きのさいの郵送費や交通費などのコストも気にする必要がありません。

ほかにも、OLTAではくりかえしサービスを利用することでクラスが上がっていき、よりお得な手数料となる優遇システムも準備しているので、リピートを考えている方にはおすすめです。

審査に通りにくいという方

OLTAでは、独自のAIスコアリングによる評価で審査を行っています。

そのため、ほかの金融機関やファクタリングなどで審査に通らなかった企業でも、OLTAならまったく違う審査結果が出ることも十分に期待できます。

たとえば、個人事業主の場合、いくら優秀な事業内容だったとしても、法人ではないというだけの理由で金融機関などの審査では落とされがちです。

しかし、OLTAなら純粋に売掛債権の信用性のみが評価されるので、個人事業主などの個人でも法人とまったく同じように利用することができるのです。

MEMO

なお、個人事業主の場合は、以下の1か2のどちらかの確定申告書類も必要となるので、あらかじめ準備しておきましょう。

  1. 青色申告:「申告書B 控え(第一表・第二表)」「所得税青色申告決算書」
  2. 白色申告:「申告書B 控え(第一表・第二表)」「収支内訳書」

このように幅広い人におすすめできます。

\オンライン完結!/

OLTAに無料で登録する!

OLTAをおすすめできない企業

では反対に、OLTAを利用するのに向いていない企業というのはあるのでしょうか。

たとえば、以下のような企業にはあまりおすすめできません。

OLTAをおすすめできない企業
  • 経営状況などを審査で考慮してほしい企業
  • 起業して一度も決算をしていない企業

これらに当てはまる場合は、OLTAの審査を通らない可能性もあるので、ほかのファクタリング業者も合わせて探しておくようにしましょう。

審査で事情を考慮してほしい企業

OLTAでは、AIスコアリングによる自動的な評価で審査が行われます。

それによって、OLTAならではの「スピード」や「コスト」を実現し、なおかつほかの審査では通りにくい企業でも利用しやすいサービスを実現しています。

しかし一方で、純粋に書類のデータのみで評価を行うため、事業計画や経営状況などの事情をくみとってくれることはありません

たとえば、面談で審査を行うような業者なら、それらを考慮して通してくれるケースもよくあるのですが、OLTAではそのようなことはまったく期待できません。

あくまで、内容のよい売掛債権を用意することを心がけたほうがよいでしょう。

一度も決算をしていない企業

法人がOLTAを利用する場合には、決算書の提出がもとめられます

したがって、起業後まだ間もなく1年以上の事業歴がない企業は、OLTAを利用することができない、ということになります。

決算書を作成する時期まで待つこともできますが、ファクタリングを利用する場合はほとんどが急ぎのケースなので、ほかの業者を探したほうがよいでしょう。

【まとめ】OLTAについて

ここまで、OLTAについてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

OLTAは、「早い」・「安い」・「簡単」の要素をすべてかねそなえ、なおかつその信頼性の高さから、今もっとも人気を集めているクラウドファクタリングです。

急な資金が必要となった企業にとっては、とても心強いサービスとなってくれるでしょう。

また、審査には独自のAIスコアリングを用いているので、ほかの金融機関やファクタリングで資金を調達できなかった企業や個人事業主でも、十分に利用できる可能性があります。

公式サイトには、無料で見積もりできる「請求書かんたん査定」もあるので、まずはぜひそちらからためしてみましょう!

\オンライン完結!/

OLTAに無料で登録する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA