【話題】不動産投資のCREAL(クリアル)とは?口コミ・評判とメリット・デメリットを紹介!

今回は、クリアルの評判についてまとめていきます。

新しい時代の不動産投資として、多くの投資家に注目さされる大不動産クラウドファンディングのクリアルですが、実際のところはどうなのでしょうか。

不動産投資といえば敷居が高く、なかなか初心者が入りにくい世界であります。

その点をクリアルはどうやって解決しているのでしょうか?

それでは、実際の利用者の口コミなどを参考にしつつ、クリアルのメリットやデメリットを確認していきましょう。

この記事を読んでわかること

✅クリアルがどんなものかわかる

✅クリアルのメリット・デメリットがわかる

✅クリアルに対する実際の口コミがわかる

✅どんな人にクリアルがおすすめなのかわかる

クリアルは、まずとても分かりやすいクリアな情報を提供してくれます。

それに加え小額から投資可能なことや、信頼のおける実績があることが人気の理由です。

まだ登録が済んでいない方はお早目に登録することをお勧めします。

\不動産投資の定番!/

CREALに 無料で登録する!

CREAL(クリアル)とは?

おすすめ度 ☆☆☆☆☆
使いやすさ A
安全性 A
投資先 不動産
手数料 入金手数料:投資家負担
出金手数料:51円~258円
最低投資額 1万円

クリアルは、株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが運営する不動産クラウドファンディングサービスのことです。

ここで一つ注意なのが、クリアルは「ソーシャルレンディング事業者ではない」ということです。

クリアルは、ファンドを作りクラウドファンディングで投資家からお金を集め、その資金を元手にして不動産投資を行います

この不動産投資で得られた賃料配当や売却益が、ファンドに投資を行った人に還元されるという流れになります。

仕組み上、ソーシャルレンディングと混同されてしまうことが多いですが、融資を行うわけではないのであくまで別のサービスになります。

よって、適用される法律も異なります。

通常不動産投資というと、多額の資金を必要としますが、クリアルはその点を見事に解決しています

また、投資後にはあらかじめ定められた配当金を定期的に受け取ることができるので、コツコツと資産運用することが可能です。

それでは、クリアルのメリット・デメリットを細かくみていきましょう。

CREAL(クリアル)のメリット

不動産クラウドファンディングであるクリアルのメリットをざっくり分けると以下の3点になります。

クリアルのメリット3点

✅投資先の情報が細かく開示されている

✅1万円という少額から投資できる

✅運用資産残高がNo.1

それでは、1つずつ見ていきましょう。

投資先情報が詳細に開示されている

クリアルでは、投資先情報が鮮明かつ詳細に開示されています

クラウドファンディング事業者によっては、まったく情報を開示していない案件を掲載していたりすることが多々ありますが、クリアルではそういうことはありません。

自分のお金を使って投資するわけですから、情報は多いにこしたことはありません。

これは投資初心者から筋金入りの投資家まで嬉しいメリットになるでしょう。

1万円からの少額投資が可能

クリアルでは、1万円という少額から不動産投資を行うことができます

普通不動産投資というと、多額の資金が必要になるため、金融機関から借金をして始めるのが一般的です。

ですが、クリアルはクラウドファンディングという形をとっているため、このように少額から不動産投資を行うことが可能になります。

不動産投資に興味はあっても手を出せなかった人でも、クリアルを使えば不動産投資をすることができます。

運用資産残高No.1

クリアルの運営会社である株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは運用残高約300億円の不動産アセットマネジメント会社であり、不動産クラウドファンディング業界で運用資産残高No.1になります。

有名な不動産ソーシャルレンディングとして、オーナーズブックというサービスもありますが、こちらの運用会社であるロードスターキャピタル社の運用資産残高は250億円ほどになります。

この数字を見るだけでも、かなり信頼のおけるサービスであるということができます。

簡単に始められるうえに信頼を置くことができるのはクリアルならではです。

登録がまだの方はこちらからどうぞ。

\不動産投資の定番!/

CREALに 無料で登録する!

CREAL(クリアル)のデメリット

このように様々なメリットのあるクリアルですが、もちろんデメリットも存在します。

それでは、クリアルのデメリットを確認していきましょう。

元本保証がない

これはクリアルに限った話ではありませんが、クリアルには元本保証がありません。

投資である以上は、元本割れする可能性は常に覚悟しなくてはなりません。

クリック競争の必要がある

現状、クリアルで投資を行う際には、クリック競争に巻き込まれる可能性が高いです

数十秒で数千万円のファンドが満額となってしまう事態もおこっています。

今後この点は改善されていくとは思いますが、こういったケースもあるので、投資をしたくても投資でいないということが起こる可能性があります。

途中で解約することができない

クリアルでは、投資を行った後は基本的に運用期間が終了するまでその資金を引き出すことができなくなります

クリアルで投資を行う際はこの点を留意し、余剰資金で行うようにしましょう。

CREAL(クリアル)の口コミ・評判

それでは、ツイッターからクリアルに関しての実際の口コミを見ていきましょう。

その意見や感想をぜひ参考にしてみてください。

こちらの方は、クリアルに60万円投資をした様子。

実績としては+8572円とのことです。

基本的に不動産投資はミドルリスクミドルリターンと言われており、クリアルの平均利回りは4~5%となっています。(業界水準と比べるとやや低め)

こちらの方は、クリアルを使って不動産投資を始めたようです!

1万円という少額からでも投資ができるクリアルは、不動産投資のハードルを大幅に下げました。


こちらの方は、クリアルでの投資の流れを説明してます。

投資応募までの流れがシンプルになったクリアルは、ユーザーフレンドリーにもこだわっており、非常に使い勝手が良いです。

こういった所でも投資家のことを考えたキメ細やかなクラウドファンディングサービスとなっています。

\不動産投資の定番!/

CREALに 無料で登録する!

CREAL(クリアル)で開催中のキャンペーン

現在クリアルが行っているキャンペーンは、「期間中に投資申込みをすると投資金額の1%もしくは2%をプレゼント(最大100万円)」というものです。

10万円未満の投資申込で1%、10万円以上の投資申込で2%のプレゼントとなり、2回目以降でも10万円以上の投資申込をすれば毎回1%がプレゼントになります。

100万円のプレゼントをもらうためには、少なくとも5,000万円を投資する必要があり現実的ではないですが、現在クリアルを利用しているユーザーもプレゼントがあるのは嬉しい限りですね!

詳しい条件などは、公式サイトをぜひご覧ください。

CREAL(クリアル)がおすすめな人

結論から言うと、クリアルがおすすめな人は、「不動産投資に興味があり、堅実にコツコツ積み上げていきたい人」です。

具体的には、以下のような人です。

✅不動産投資に興味がある

✅月々の配当金を得ることで精神的に安定的な投資をしたい人

✅運用資産残高No.1という実績により安心して投資をしたい人

このような人に、クリアルはおすすめであると言えます。

CREAL(クリアル)をおすすめできない人

結論から言うと、クリアルをおすすめできない人は、「ハイリスクハイリターンで短期的に利益を上げたい人」です。

具体的には、以下のような人です。

✅高利回りで短期間の案件をどんどん回したい人

✅不動産投資にはどうも懐疑的な人

✅運用期間中の資金ロックがどうしても嫌な人

このような人には、クリアルをおすすめすることはできません。

CREAL(クリアル)の口コミ・評判まとめ

これまでクリアルの評判についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

投資にはどうしてもリスクがつきものですが、あらゆる手を使ってそのリスクを軽減させているのがこのクリアルです。

募集金額が未達でもお金は帰ってきますし1割程度の元本割れならクリアルが負担するという点も非常に魅力がありますよね。

口座開設も簡単にできるので、ぜひクリアルを使ってみましょう!

\不動産投資の定番!/

CREALに 無料で登録する!

▼他のクラウドファンディングの比較については以下の記事をご参考ください。

【徹底比較】おすすめのクラウドファンディングをランキング形式で紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA