【徹底比較】WealthNaviのリスク許容度のおすすめを紹介!

今回は、WealthNaviのリスク許容度について紹介していきます。

WealthNavi経験者の方なら、リスク許容度に関しては理解をしている方も多いと思います。

WealthNaviでは、リスクの許容度によって得られるリターンも異なりますが、ただリターンを得るためだけに、リスクを大きく背負えばいいものではありません。

初心者の方などは、よくわからないなんてこともあると思いますので、解説していきます。

この記事をよむとわかること
  • WealthNaviのリスク許容度について
  • WealthNaviのオススメのリスク許容度
  • WealthNaviのリスク許容度の変更方法
  • WealthNaviのリスク許容度ごとの想定利回り

これからの資産運用は、長期・積立・分散でWealthNaviがオススメ。

口座開設がまだの方は、お得なキャンペーンがあるうちにはじめましょう!

\最大100000円もらえる!/

WealthNaviに無料で登録する!

WealthNaviのリスク許容度とは

リスク許容度

まずは、WealthNaviのリスク許容度について解説をしていきたいと思います。

リスク許容度とは、資産運用をするにあたり、どの程度の不確実性を受け入れるかを示したものです。

WealthNaviでは、リスク許容度を1~5の5段階で用意されています。

簡単に、段階の説明をすると単純にリスク許容度の数字が大きいほどリスクが高くなります。

リターンを得たい人は、ある程度のリスクは受け入れる必要があります。

ですが、WealthNaviではリスク許容度を無料診断で、自分に適した提案がされるのであまり難しく考えなくてよいです。

まだ、口座開設がお済みでない方は、口座開設をしてリスク許容度の無料診断をしてみましょう!

\最大100000円もらえる!/

WealthNaviに無料で登録する!

WealthNaviのリスク許容度のおすすめ

WealthNaviでは、無料でリスク許容度の診断はできますが、初心者の方などは5パターンもあると迷ってしまう可能性があると思います。

そこで、WealthNaviのおすすめのリスク許容度について、初心者から経験者までを対象に紹介していきます。

WealthNavi初心者

まずは、WealthNavi初心者の方からで、結論からいうとおすすめのリスク許容度は1になります。

なぜ、リスク許容度1がおすすめなのかを説明していきます。

リスク許容度1おすすめ理由
  • 資産運用の流れを知るため
  • お試しなのでハイリスクは狙う必要がない
  • 損失を最小限に抑えるため

以上が、リスク許容度1をおすすめにする理由になります。

まずは、初心者の方で一番最初に押さえて欲しいポイントは、資産運用の流れを知ることです。

自分の資産がどのように運用されているかを理解して、リスク許容度を変えてみたりすることで、自分にあったリスク許容度を見つけることができます。

初心者のうちは、いろんなサービスがある中でお試しなどで、WealthNaviを行うなんて方もいると思いますので、リスク許容度は1がよいです。

また、初心者でいきなりハイリスク・ハイリターンで運用するのもよいですが、やはり初心者はいきなり利益を求めるより、リスクを抑えて資産運用の全体を掴むことが大切です。

目先のことだけにこだわらず、長い目で資産運用をすることが成功にも繋がりますので、ぜひ心がけていきましょう。

WealthNavi経験者

ここからは、WealthNavi経験者の方に向けておすすめのリスク許容度について話していきたいと思います。

経験者は、WealthNaviもしくは別サービスで資産運用を1年以上された方が対象とします。

WealthNavi経験者のおすすめリスク許容度は、5になります。

それでは、リスク許容度5がおすすめの理由について話していきます。

リスク許容度5おすすめ理由
  • 30年運用で資産2倍になる確率が82%
  • ポートフォリオがリターンを最大化させている

一番おすすめする理由としては、30年運用した場合に資産が2倍になる確率が82%と高確率であるところです。

100万円が82%の確率で200万円以上になるということですが、資産運用をする中で積立投資を行っていたら、リスクを抑えつつ、資産をさらに増やせる可能性が高まります。

リスク許容度5では、おもに米国株と日欧株を中心に投資されており、新興国株の比率も少し高めに設定されている点がメリットとなり収益を最大化してくれています。

リスク許容度5は、暴落などが起きるとかなりダメージを受けてしまいます。

しかし、その反面で積立投資でリスクを回避して、リターンで資産が2倍になる確率が高いとなると、多少のリスクは背負っても資産運用をしてよいと思います。

\最大100000円もらえる!/

WealthNaviに無料で登録する!

WealthNaviのリスク許容度の変更方法

ウェルスナビ リスク許容度

ここでは、WealthNaviのリスク許容度の変更方法について紹介していきます。

*変更方法を紹介する前に注意点があります。

WealthNaviのリスク許容度の変更に関しては、いつでも変更はできますが、年に1回程度の再診断があり、その際に状況判断をして変更を行うのが基本です。

公式でも、基本的には変更しないことを推奨しています。

頻繁なリスク許容度変更は、パフォーマンスの低下につながる可能性もありますのでご注意ください。

それでは、変更方法について紹介していきたいと思います。

方法は至ってシンプルで、「ログイン」→「ナビゲーション」→画面下部にある「詳細設定」から、変更が可能です。

*パソコンの場合

リスク許容度 変更

 

*スマホの場合

1.画面右上にあるメニューバーを選択。

リスク許容度 スマホ1

2.ナビゲーションをを選択

リスク許容度 スマホ2

3.ナビゲーション画面にあるナビゲーションを選択。

リスク許容度 スマホ3

設定変更画面の一番下にあるスライドバーで任意のリスク許容度へ変更ができます。

変更後、「プランを決定」を選択して変更完了。

WealthNaviでは、平日の20時までにリスク許容度を変更すると、通常その日の深夜にポートフォリオを再構築されます。

WealthNaviのリスク許容度ごとの想定利回り

ウェルスナビ リスク許容度

WealthNaviには、リスク許容度が1~5まであり初心者の方などは、どのリスク許容度にすればよいか迷うかと思います。

無料で適性リスクの診断ができますが、その結果が全てとは限りません。

そこで、WealthNaviのリスク許容度ごとに想定利回りを比較してみて、初心者の方や経験者の方のリスク許容度の判断材料にして頂けたらと思います。

リスク許容度1

リスク許容度1

WealthNaviでは、一番リスクが低い設定になります。

ポートフォリオは、米国株と日欧株が中心で約70%となっています。

元本1180万円で30年間資産運用をした場合のシミュレーションになります。

30年間のシミュレーション
  • 30%の確率で2241万円
  • 50%の確率で1824万円
  • 70%の確率で1507万円

資産が2倍になる確率は、30%とやや低め。

やはり、リスクを抑えて運用をしているのでリターンが少ないです。

しかし、リスク許容度1の最大のメリットである、リスクを最小にするのが目的の方には、オススメのプランだと思います。

リスク許容度2

リスク許容度2

ポートフォリオは、米国債権と米国株が50%をしめている。

元本1180万円で30年間資産運用をした場合のシミュレーションになります。

30年間のシミュレーション
  • 30%の確率で2644万円
  • 50%の確率で2107万円
  • 70%の確率で1706万円

資産が2倍になる確率としては、45%とリスク許容度1と比べると、少し確率が上がっています。

この少しの差をどう捕らえるかで、リスク許容度1にするかリスク許容度2にするかを判断してみてください。

リスク許容度3

リスク許容度3

ポートフォリオは、米国株と米国債権に日欧株で80%と大半がこの2つの株と債権で資産運用されています。

元本1180万円で30年間資産運用をした場合のシミュレーションになります。

30年間のシミュレーション
  • 30%の確率で3147万円
  • 50%の確率で2433万円
  • 70%の確率で1914万円

資産が2倍になる確率は、58%とリスク許容度2と比べると、確率は劇的には伸びていませんが、30年間のシミュレーション内容が大きく違いがあります。

資産が2倍になる確率と30年間のシミュレーションから見ると、リスク許容度3はリスクを抑えつつも、資産が増える可能性が半々と期待できます。

リスク許容度3はリスクを抑えたいが、資産も増やしたいと考えている方にはおすすめです。

リスク許容度4

リスク許容度4

ポートフォリオは、米国株と日欧株で半分以上を占めていますが、割合的にはリスク許容度3とさほど変わりません。

元本1180万円で30年間資産運用をした場合のシミュレーションになります。

30年間のシミュレーション
  • 30%の確率で3631万円
  • 50%の確率で2729万円
  • 70%の確率で2087万円

資産が2倍になる確率は、65%とやはりリスクが増える分、リターンも大きくなっていることが分かります。

リスクよりも、リターンを求める方はリスク許容度4の方が3よりおすすめです。

リスク許容度5

リスク許容度5

ポートフォリオは、米国株と日欧株で約80%とあまり分散されていないので、リスクが大きいということが分かると思います。

元本1180万円で30年間資産運用をした場合のシミュレーションになります。

30年間のシミュレーション
  • 30%の確率で4093万円
  • 50%の確率で2993万円
  • 70%の確率で2227万円

資産が2倍になる確率が、70%と高確率で資産が増える可能性があるのでリターンが期待できます。

しかし、ポートフォリオが偏りすぎてリスクも高いのが特徴です。

また、リスク許容度5だけに限らず、積立投資を行うことで暴落や損失がでた場合にもカバーできるので、個人的にはおすすめのリスク許容度5になります。

WealthNaviのリスク許容度まとめ

今回は、WealthNaviのリスク許容度について紹介していきましたが、結論としては下記になります。

WealthNavi リスク許容度 まとめ
  • WealthNavi初心者はリスク許容度は1がおすすめ
  • WealthNavi経験者はリスク許容度は5がおすすめ

WealthNavi初心者のうちは、リスクを抑えて資産運用を行いつつも、全体の流れやリスク許容度の適性を見つけるようにしましょう。

WealthNavi経験者の方は、利益を出すためにリスク許容度5でリスク回避を行いつつ、積立投資を行い資産運用をして、運用終了時に2倍になるのを狙って資産運用をするのがよいです。

初心者の方や、別サービスをご利用の方はぜひWealthNaviで口座開設をしましょう!

今なら、お得なキャンペーンもありますのでお得に資産運用を行いましょう。

\最大100000円もらえる!/

WealthNaviに無料で登録する!

▼WealthNaviの評判・口コミは以下の記事で詳しく解説しています!

【ウェルスナビ(WealthNavi)年利10%の実績公開】口コミ・評判から儲かるか検証!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA