【必見】ソーシャルレンディングの失敗例と大損しないコツ

今回は、ソーシャルレンディングの投資で、よくある失敗をまとめました。

失敗をまとめてどうするの?なんて思う方もいるかと思いますが、失敗例を知る事で自分も同じ失敗をしないで、済むので損失を減らす事にも繋がります。

本記事は、ソーシャルレンディング初心者やこれからソーシャルレンディングを始めてみようと考えている方に向けた記事になります。

この記事を読むとわかること
  • ソーシャルレンディングでよくある失敗を知れる
  • ソーシャルレンディングの失敗する仕組みが分かる
  • ソーシャルレンディングで失敗を回避する最善策が分かる

ソーシャルレンディングをするなら、元本回収率100%のクラウドバンクがおすすめ。

サイトも綺麗で使いやすいので、ぜひ公式HPを見てみてください!

\元本回収率100%!/

クラウドバンクに無料で登録する!

ソーシャルレンディングでよくある失敗

ソーシャルレンディングでよくある失敗

ここからは、ソーシャルレンディンでよくある失敗について解説していきます。

特に、初心者の方やこれから始めようと考えている方は、しっかりとこの一例を覚え、同じ失敗をしないように心がけましょう。

投資先がデフォルトする

投資先のデフォルトは、ソーシャルレンディングにおいて一番最悪なパターンであり、デフォルトとは投資先が返済不可能になり投資家が、出資した資金が戻ってこないことを意味します。

こちらも、返済遅延と同じで投資をする前の準備や分散投資をする事で、仮にデフォルトが起こったとしてもリスクを分散でき結果として、収益をプラスに出来る場合も存在します。

ですので、デフォルトしたら必ずしも損失が確定するわけではありませんので、戦略やリスク回避の対策が重要になります。

運用期間の長い案件ばかり投資する

まず多いのが、利回りの高さなどの魅力が多い運用機関の長い案件にばかり投資してしまうことです。

運用期間が、長い案件に投資ばかりするとなぜ失敗に繋がってしまうのか。

それは、運用期間の長い案件ならではのリスクがあるからです。

運用期間が長いことによるリスク
  • 投資した資金が返済されるまでに時間が掛かる
  • 長期間で運用していて返済遅延やデフォルトが発生する可能性

ソーシャルレンディングで最悪のパターンは投資先のデフォルトですが、投資期間が長い案件は特にそのリスクが高いと言えます。

また、基本的に運用期間が満期になるまで返済されませんので、急にお金が必要になったときに引き出すことができません。

このことも頭に入れ、余剰資金で投資をしましょう。

集中投資をしてしまう

集中投資のメリットは、利回りの水準が高い案件で金額も大きければ配当金などで期待の高いキックバックが望めることです。

しかし、必ずしも元本が保証されている訳では無く配当金などで大きく稼げるとは限りませんので初心者の内はリスクを分散させることが重要です。

投資先が返済遅延に陥る

返済遅延とは、融資先の都合により予定の返済が遅延してしまうことです。

こうした状況にならない為には、絶対回避できるなどと言った方法は存在しませんが、まずは投資を行う前にテーマの選定や戦略等をしっかりと考えて投資を行いましょう。

ソーシャルレンディングで失敗しないための注意点

ソーシャルレンディングで失敗しないための注意点

ここでは、ソーシャルレンディングで失敗しない為の具体的な方法について話して行きたいと思います。

絶対失敗しない方法ではなく、失敗をする可能性を軽減する為の方法となりますので、ここに書いていることを鵜呑みにしないでください。

分散投資をする

分散投資とは、一つの案件にだけ投資をするのでは無く複数の案件に投資をすることを意味します。

分散投資はリスクの分散と収益の最大化が一番のメリットです。

運用期間を見て投資する

ソーシャルレンディングにおいて運用期間は重要な一つの判断材料とも言えます。

なぜかと言うと、運用期間によって収益率が変動するからです。

運用期間は、長期だと2年〜3年もあり、短期だと2ヶ月〜3ヶ月といった期間の運用も可能となっています。

それでは、長期運用と短期運用のメリットデメリットについて紹介していきます。

<長期運用>

長期運用とは

メリット:配当金などが貰える回数や利回りの変動により収益UPが期待出来る。

デメリット:返済遅延やデフォルトのリスクが増え、利回りが変動により低下する。

長期運用では、テーマ選びからが重要だと言えますので、特に大きい金額を投資する場合などは、少しでも損失を減らせる様にリサーチや戦略を立ててから長期運用を行いましょう。

初心者やこれから始める方は高額な長期運用をいきなり行うのはリスクを伴いますので、まずは少額でも良いので実験的に長期運用などを行い経験を積む事をオススメします!

<短期運用>

短期運用とは

メリット:損失のリスクが低い。初心者向け。

デメリット:長期運用と比べると利回りが低かったり配当金が少ない。

初心者やこれから始めようと考えている方にとって、損失のリスクが少ないのは嬉しいことではありますが、

どうしても短期間しか資産を運用しませんので、どうしても長期運用と比べてしまうと収益が低い傾向にあります。

しかし、リスクは少ない方なのでお試しで始めたり自分に向いているのかなどを見極める為だけならば、短期運用でソーシャルレンディングがどういったサービスなのかを知り、試したい方におすすめです

\元本回収率100%!/

クラウドバンクに無料で登録する!

担保設定を確認する

ソーシャルレンディング初心者の方などは、担保と言われてもイマイチしっくり来ないと思いますので、まずは担保と言うものが何かについての説明からして行きます。

<担保とは>

借り手(融資した企業)が返済不可能になった場合に備えて、弁済を確保する手段の事を言います。

借り手が、貸し手から提供を受ける事で、担保の種類には①不動産、②売掛債権、③株式があります。

それでは、担保の3種類について解説をして行きます。

<不動産>

メリット
  • 受けられる融資が高額
  • 返済期間を長期に設定が可能
  • 金利が低い
  • 連帯保証人が不要の場合がある
デメリット
  • 利用時に諸費用が必要となる
  • 返済不能時には不動産を失う
  • 融資を受けるまでに時間がかかる
  • 中途解約時に違約金が発生する場合がある

不動産担保を前提とした融資の場合は、無担保ローンと比べると高額の融資を受けられるというメリットがあります。

しかし、その分慎重な業者選びや返済計画が必要です。

<売掛債権>

メリット
  • 資金を即日調達可能
  • 柔軟な審査基準
  • 保証人、担保不要
  • 回収義務がない
  • 信用情報へ影響しない
  • 秘密裏に資金調達可能
デメリット
  • 手数料が掛かる
  • 債権譲渡登記が必要な場合も

売掛債権を担保とした融資は世界的には一般的であり、有効性の高い資金調達方法で知られています。

実は、日本ではあまり一般的ではありませんが、入ってくる予定の売掛金を担保にしてお金を借りることで、資金繰りを改善することができます。

資金繰りの改善という意味では、不動産担保や預金担保よりも有効だと言えます。

<株式>

メリット
  • 株式の売却益を期待できる
  • 配当金と株主優待券がもらえる
  • 意思決定に参加できる
デメリット
  • 初期投資額が比較的に高い
  • 思ったとおりの売買が成立しないことがある
  • 投資初心者には比較的にハードルが高い

ソーシャルレンディングの不動産ファンドに投資する際は、不動産が担保になっていることを確認し、貸付金と担保評価額のバランスを保ち、抵当権から安全性を評価することが重要になります。

ソーシャルレンディング事業者から提供される担保評価額や情報を鵜呑みにせず、評価者の情報や不動産投資の基本である立地、利回り、稼働率を見て判断して行うようにしましょう。

生活資金は残しておく

投資だけに限らず、買い物などでもいえることですが、生活資金までを使って自分自身の首をしめることはしないようにしましょう。

投資などをするのは自分の判断であり、行うのも個人の自由なので好きに行ってよいです。

しかし、生活に支障をきたすレベルで投資などを行っても、博打と同じで最後には何も残らないなんてことはよくある話です。

会社員や家族を持っている方などで、初心者やこれから始める方は絶対に生活資金を削るような投資をしないようにしてください。

必ず、ソーシャルレンディングを始める前に、生活に支障がでないか?や家族(奥さん)がいるならば相談をして、始めたりすれば家族を苦しめたりしないで済むと思います。

\元本回収率100%!/

クラウドバンクに無料で登録する!

ソーシャルレンディングならクラウドバンク

クラウドバンク

ソーシャルレンディングをするならクラウドバンクが一番おすすめ。

クラウドバンクの魅力
①ファンドの種類が豊富

②クラウドファンディングNo.1応募額

③1万円から簡単に投資が始められる

④平均利回り6.99%

⑤元本回収率100%

高い利回りと少額投資が可能で、さらに元本回収率100%でリスクが低いのも魅力的。

豊富な案件があり、自分の希望する利回り・運用期間の案件に投資することができます。

ソーシャルレンディングをするなら非常に定番の業者です。

まだ口座開設していない方は今のうちにしておきましょう!

\元本回収率100%!/

クラウドバンクに無料で登録する!

▼クラウドバンクの評判・口コミは以下の記事で詳しく解説しています!

【クラウドバンクの評判・口コミ】メリット・デメリットを紹介!

ソーシャルレンディングの失敗まとめ

今回は、ソーシャルレンディングの失敗をまとめましたが、わりと初歩的なミスの例が多いのが印象です。

簡単に失敗例のまとめをすると下記のとおりになります。

  • 分散投資をする
  • 運用期間の長い案件ばかり投資する
  • 担保設定を確認する
  • 集中投資をしてしまう
  • 生活資金は残しておく

どの失敗例も初歩的で決して難しいことではありませんので、始める前にしっかりと頭に入れてからソーシャルレンディングを始めるとよいです。

\元本回収率100%!/

クラウドバンクに無料で登録する!

▼ソーシャルレンディングの業者については以下の記事で詳しく解説しています!

【10社比較】ソーシャルレンディング業者おすすめランキング!投資をはじめるならどこ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA