【利用者必読!】ソーシャルレンディングの確定申告方法と税金対策まとめ

今回は、ソーシャルレンディングで得たお金は確定申告が必要なのかについて解説していきます。

ソーシャルレンディングは、魅力もたくさんあり人気沸騰中のサービスです。

大手企業などが、サービスを提供しており安全面や信頼性も高いと言われています。

本記事では、そんなソーシャルレンディングで資産運用を行いお金を得ると、確定申告は必要なのかについて知りたい方に向けた記事になります。

この記事を読むとわかること
  • ソーシャルレンディングでかかる税金が分かる
  • ソーシャルレンディングでできる税金対策方法
  • ソーシャルレンディングでの確定申告の必要性
  • ソーシャルレンディング確定申告のやり方

ソーシャルレンディングをするなら、元本回収率100%のクラウドバンクがおすすめ。

安全性の高さで人気のソーシャルレンディング業者です!

\元本回収率100%!/

クラウドバンクに無料で登録する!

ソーシャルレンディングで確定申告が必要な場合

ソーシャルレンディングで確定申告が必要な場合について紹介していきます。

確定申告が必要な場合
  • 年収2000万円以下、その他の所得合計20万円以上の場合
  • 年収2000万円以下、年末調整してない収入とその他所得が合計20万円以上の場合
  • 公的年金400万円以下、年金以外の所得やその他の所得が合計20万円以上の場合
  • 給与、年金、その他収入額が、基礎控除や社会保険控除の控除額合計以上の場合

上記が、確定申告が必要な場合の条件になります。

簡単にまとめると、給与所得以外で年間で20万円以上になれば確定申告が必要で、それ以下だと確定申告は不要だということで覚えておけば大丈夫だと思います。

確定申告についての知識などを知らずに、放置してお金を稼いでしまうと脱税になりますのでご注意ください。

ソーシャルレンディングでかかる税金

まず、ソーシャルレンディングで税金はかかります。

ソーシャルレンディングで得た配当金は、雑取得の部類になります。

雑所得の税率は、給与所得など他の所得と合わせて考えます。

所得税税率

上記は国税庁が発表している所得税の税率。

他に住民税などもかかりますが、所得税は基本的にこの税率がかかると認識して問題ないでしょう。

ソーシャルレンディングの確定申告のやり方

まず、2019年の確定申告は2月18日〜翌年3月15日が対象期間になります。

ソーシャルレンディングでの配当金は、雑所得になりますので年間で20万円以上を受け取ると、確定申告が必要になります。

逆に、年間で20万円以下の方は確定申告の必要はありませんのでご心配なく。

ここでは、確定申告のオススメ方法を3つ紹介していきます。

確定申告のオススメ方法
  1. 書類を作成して税務署に提出
  2. 書類を作成して税務署に郵送
  3. e-Taxでオンライン提出する

以上が、オススメの方法になります。

現代では、オンラインが手取り早く楽そうですが一つ欠点があります。

それは、マイナンバーカードとICリーダーが必要な点です。

マイナンバーカードとICリーダーがすぐに準備できる方は、一番早いのでオンラインで行うのをオススメします!

次は、確定申告に必要な書類等について紹介します。

確定申告に必要な書類
  1. 源泉徴収
  2. 支払調書
  3. マイナンバーカード

源泉徴収票とは、会社から毎年12月~1月に個人に配られる資料です。

支払調書はソーシャルレンディング事業者のマイページにログインして取得可能です。

以上の書類を準備ができたら、あとは国税庁 確定申告書等作成コーナーで確定申告の書類を作成すれば、確定申告ができます。

確定申告書等作成コーナーの使い方

簡単な説明となりますので、詳しく知りたい方は国税庁 確定申告書等作成コーナーをご覧ください。

それでは、解説していきます。

確定申告書作成の仕方
  1. 作業開始
  2. e-Tax(オンライン)or印刷書類を選択
  3. 利用規約に同意
  4. 所得税を選択
  5. 左記以外のある方を選択
  6. 生年月日を入力(チェックボックスは空欄)
  7. 給与所得と雑所得・その他の2ヶ所を入力後にOK
  8. 上記以外をクリック
  9. 支払調書を入力
  10. 入力の終了

最後に申告書を印刷して必要書類の申告書B第一表、申告書B第二表、添付書類台紙を税務署に提出すれば完了です。

オンラインの場合は、その場で税務署に提出ができるので完了です。

ソーシャルレンディングでできる税金対策

ソーシャルレンディングに限らず、できることなら税金を少しでも節税したいはずです。

そこで、今回はソーシャルレンディングでできる税金対策について紹介します。

税金対策をまとめると下記になります。

税金対策の方法
  • 経費を計上
  • 法人化する
  • 出金回数を抑える

以上が、税金対策の方法になります。

それでは、順番に解説をしていきます。

経費を計上

経費とは、「経常費用」の略称であり、一般的には費用のことです。

所得は、売上から経費を差し引いて出た金額が所得となります。

ですので、経費をしっかりと計上することによって節税に繋がることがあります。

しかし、経費とは何でも適用されるわけではありませんのでご注意ください。

まずは、経費で落とそうと思った場合には、レシートや領収書などをしっかりと保管しておきましょう。

法人化する

法人化をするといったら、会社を建てて社長となり社員募集して何か事業をすると思った方もいるかと思います。

しかし、全てがそうではなくフリーランスで働いている方などでは、よくある話で個人事業主で税金を納めるより、フリーランスだけど法人化をして、税金を納める方が安く済むなんてことがあるからです。

法人税率は所得税率に比べて低く抑えやすい特徴があります。

また節税の選択肢が大きく広がり、仮に赤字になった場合でも、その赤字が最大9年間繰り越せるのも法人化の魅力ともいえます。

出金回数を抑える

節税というわけではありませんが、銀行口座でも同じで手数料がかかる場合に、出金する回数が多いと手数料でトータルしたら凄い額になるなんてこともあります。

ですので、小さな額で出金をするのではなく、ある程度大きな額でまとめて出金をすると節約になります。

是非心がけて、無駄な手数料は抑えるようにしましょう。

ソーシャルレンディングの税金・確定申告に関するQ&A

ここでは、ソーシャルレンディングの税金・確定申告に関するQ&Aを紹介します。

Q:ソーシャルレンディングで源泉有りを選択しても、税務署から職場に通知が行くことはあるのでしょうか?

A:ソーシャルレンディングを運営しているすべての会社で、投資家全員が20%強の源泉徴収分は天引きされています。

確定申告すれば基本的には会社に通知が行きます。

Q:確定申告(eTAX)する際には、これらの年間取引書を添付する必要がありますか?

A:年間取引報告書は出す必要があります。

やり方がわからなければ税務署に訊いてみてください。

Q:ソーシャルレンディングにかかる住民税率は何パーセントですか?

A:所得税は累進課税で、住民税は所得金額の10%くらいになります。

以上が、ソーシャルレンディングの税金・確定申告のQ&Aになります。

Q&Aを見た感じだと、税金の分類や確定申告が必要な条件などが多かったと思います。

ですので、ソーシャルレンディングの所得はどの分類になるかや確定申告が必要な条件を知っていれば、問題ないと思います。

ソーシャルレンディングをするならクラウドバンク

ソーシャルレンディングをするならクラウドバンクが一番おすすめ。

クラウドバンクの魅力

①ファンドの種類が豊富

②クラウドファンディングNo.1応募額

③1万円から簡単に投資が始められる

④平均利回り6.99%

⑤元本回収率100%

高い利回りと少額投資が可能で、さらに元本回収率100%でリスクが低いのも魅力的。

豊富な案件があり、自分の希望する利回り・運用期間の案件に投資することができます。

ソーシャルレンディングをするなら非常に定番の業者です。

まだ口座開設していない方は今のうちにしておきましょう!

\元本回収率100%!/

クラウドバンクに無料で登録する!

▼クラウドバンクのメリット・デメリットについては以下の記事をご一読ください!

【クラウドバンクの評判・口コミ】メリット・デメリットを紹介!

ソーシャルレンディングの税金まとめ

今回は、ソーシャルレンディングの税金・確定申告についてまとめました。

内容を簡単にまとめると下記のようになります。

ソーシャルレンディングの税金・確定申告まとめ
  • ソーシャルレンディングでの所得は雑所得になる
  • 確定申告は年間で20万円以上を得ると必要になる

これから、ソーシャルレンディングを始める方は上記のことをしっかりと理解していれば、税金や確定申告の心配はいりませんので、打ち込めると思います。

まずは、確定申告が必要となるぐらい収入を得られるように頑張っていきましょう。

ソーシャルレンディングを始めるなら、オススメのクラウドバンク!

口座開設していない方は、これを機に是非口座開設をしましょう!

\元本回収率100%!/

クラウドバンクに無料で登録する!

▼ソーシャルレンディング業者については以下の記事をご一読ください!

【10社比較】ソーシャルレンディング業者おすすめランキング!投資をはじめるならどこ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA