【初心者向け】ソーシャルレンディングとは?基本と仕組みを紹介

ソーシャルレンディングと言う言葉を聞いて何の事か分かりますか?

多分、ほとんどの方はソーシャルレンディングと言われても仕組みなど詳しくは分からないと思います。

ソーシャルレンディングについて簡単に説明をするとネット上でお金を借りたい人ネット上でお金を貸したい人を結びつける融資仲介サービスのことです。

今回はソーシャルレンディングについて知りたい人や完全な初心者だけど今後に利用してみたいと考えている方に向けた記事になります。

この記事を読むとわかること
  • ソーシャルレンディングとは何か
  • ソーシャルレンディングのメリット
  • ソーシャルレンディングのデメリット
  • ソーシャルレンディングの基礎知識

ソーシャルレンディングをするなら、元本回収率100%のクラウドバンクがおすすめ。

サイトも綺麗で使いやすいので、ぜひ公式HPを見てみてください!

\元本回収率100%!/

クラウドバンクに無料で登録する!

そもそもソーシャルレンディングって何?

それでは、ソーシャルレンディングとは何かについて解説していきます。

ソーシャルレンディングとはインターネットを活用した取引で「お金を運用したい人」「お金を借りたい人」がマッチングするサービスの事です。

図にまとめると下記のようになります。

クラウドバンクの仕組み

仕組みはとてもシンプルに構成されており個人の投資家などから集めた資金を中小企業に融資をするのみです。

日本では、2008年からソーシャルレンディングがスタートしており現在に到るまでは全部で3種類の取引方法が存在します。

簡単ではありますが、類型の特徴などを紹介して行きます。
マーケット型

マーケット型とは

①サービスの運営会社が審査を行い取引を開始する

②審査によって格付けを行われる

③金利がタイムリーに変動する

オークション型

オークション型とは

①信頼度が鍵を握り貸して側が判断して投資・融資先を決定する

②利率はオークション形式の入札で決まり権利を取得

③金融市場の相場や一般利率に左右されない

貸付型・ファンド型

貸付型とは

①サービスの運営会社が借りての企業を審査して金利や金額に期間などを決定する

②貸しては条件によって出資を決定する

③厳しい審査の上でファンドの形で案件が決まる

以上が3種類の取引方法になります。

ここまでで取引についてはある程度理解が出来たかと思いますが、どうやったら利益が出るのか?や損失が出るなどの仕組みが全く分からないと思いますので次の見出しで解説して行きます。

利益を出す仕組み

利益を出す仕組み

①個人が投資をする

②企業がソーシャルレンディング業者によって融資をうける

③ソーシャルレンディング業者によって融資を受けた企業が返済を行う

①〜③の順序が一通り行われ、③番の返済時に利息も支払われます。

その利息を投資をした個人と仲介役である業者が分け合い、利益が発生する仕組みになっています。

損失が出る仕組み

損失が出る仕組み

①投資先の事業所の返済不可能

②事業所の返済遅延

①は会社の倒産などによる返済不可能になり投資資金が全く返ってこないとき。

少額の1万円などならまだ生活に支障をきたさないかもしれませんが、投資額が100万円などでしたらかなり支障をきたすので気を付けたいところです。

②は返済の遅延でこちらは完全なる損失にはなりませんが、遅延をすると言うことは貸している企業の業績が悪化していると想定をしたら、このまま遅延から返済不可能となり返済がされないと言った状況になりかねません。

ソーシャルレンディングのメリット

ここまでで、ソーシャルレンディングについての仕組みなどを紹介しましたので次はソーシャルレンディングを行う上でのメリットについて話て行きます。

主なメリット

①利回りが高い

②元手が少なくても投資できる

③リスクが小さい

④手間がかからない

利回りが高い

ソーシャルレンディングの平均的な利回りは5%8%程度と言われており、定期預金や株式の配当と比べると非常に高い水準に設定されていると言えます。

更に、ソーシャルレンディングには利回りが10%を超えるサービスを提供している会社も存在します。

初心者の方が始める理由の一つでもあると言っても過言ではありませんね。

元手が少なくても投資できる

投資と言えば世間的なイメージでは、元手で何十万や何百万と言った資金が無いと投資などは出来ないと思っている方も少なくは無いと思います。

しかし、ソーシャルレンディングではそう言った悩みも簡単に解決してくれます。

ソーシャルレンディングはサービス提供会社にもよりますが、クラウドバンクなど最低1万円から始められるサービスが存在しますので初心者の形でもいきなりハイリスクを背負う必要は無いと言う事です。

誰だって初めての事でいきなり大金を消費して無くなるのは怖いと思いますので、その点では初心者にも安心です。

リスクが小さい

上記でも言った通り元手が少なくても始められることに加え、分散投資ができることも魅力。

例えば一つの案件に100万円を投資して返済不可能になったらそこで損失で元手を失ってしまいます。

しかし、複数に分散して投資を行っていれば仮に一つの案件で返済不可能などになって損失が出たとしても全てを失うことはありません。

よって結果としてリスクを分散できるということになります。

手間がかからない

ソーシャルレンディングは、投資額とテーマに運用期間を決めるだけで投資が可能。

そのため、他の投資と比べて手間がかからないのです。

この点に関しては、FXや仮想通貨みたいにPCに張り付いたりアプリでスマホと睨めっこをしなくて良いとも言えます。

しっかりと戦略を練って投資を行い、管理をして後は他のビジネスや時間を有効に使うなども可能ですので、時間がない方にもおすすめの投資法と言えます。

\元本回収率100%!/

クラウドバンクに無料で登録する!

ソーシャルレンディングのリスク

ソシャレンのリスク

ここまで読んで仕組みとメリットが分かったので、早速ソーシャルレンディングを始めてお金を稼ごうと思った方もいるかと思いますが、

投資だけに限らず特にインターネットビジネスなどではメリット(利点)だけではなく、リスクやデメリットについてもしっかりと理解した上で始めないと結果として損失を多く出してしまうなどと言った事が起こり得ます。

ですので、リスクもしっかりと知り、損失を出さないためのポイントを抑えておきましょう。

ソーシャルレンディングの主なリスクは以下の2つ。

主なリスク

①満期まで資金を引き出せない

②デフォルトリスク

それぞれ詳しく見ていきます。

満期まで資金を引き出せない

基本的にソーシャルレンディングにおいての取引では満期終了まで解約や資金を引き出すことは出来ません。

ソーシャルレンディングの運用期間については、長い期間を行えば行う程配当金などを受け取れる回数などが増える為有利だと言われています。

しかし、長い期間を運用すると言うことはリスクもいつか生じる可能性も出てくると言うことです。

最近では短期間の2.3ヶ月だけ運用するなどといったこともできるので、お試しでソーシャルレンディングを始める方には最適な条件だと思います。

デフォルトリスク

ソーシャルレンディングを初心者の方が始める上で一番と言ってもいいぐらい不安なのはデフォルト(貸し倒れ)だと思います。

*貸し倒れとは融資を受けた相手が返済が不可能になって損失を出してしまうこと。

ソーシャルレンディングは利回りが高いとされていますが、利回りが高いほどデフォルトリスクが高いとも言えます。

過去のデフォルトに関しては1.47%発生しており、遅延返済も複数件発生しています。

しかし、分散投資を行っておけば仮に一部の案件でデフォルトを起こしても、他で元本を返済され他の案件で金利が高く配当金が多く貰えたら結果としてプラスになる場合も。

ですので、デフォルトリスクもしっかりと戦略を立ててリスクを分散させることで、結果としてプラスに変える事が出来ればデフォルトリスクの不安も和らげるかと思います。

▼ソーシャルレンディングのリスクは以下の記事でさらに詳しく解説しています!

「危ない?」危険なソーシャルレンディング会社とリスクについて解説!

ソーシャルレンディングを始める前に知っておくべきこと

ソシャレンの知識

ソーシャルレンディングを始める前に最低限知って欲しいことをまとめました。

無知で始める程怖い物はありませんので、最低限のことは知った上で投資以外でも始めるようにしましょう。

主な基礎知識は以下の5点。

基礎知識

①投資までの手続き

②投資を始めるのに必要な元手

③利回り

④案件の種類

⑤手数料の仕組み

では1つずつ解説していきます。

投資までの手続き

簡単に投資までの手続きをまとめると下記のようになります。

投資までの手続き

①口座の開設

②口座への入金

③テーマ等を決めて投資

特に難しい手続きなどはありませんのでそこまで続きに関しては気にしないで大丈夫かと思います。

強いて言うならば、年齢制限で20歳以上や本人確認書類提出が必要なぐらいです。

投資を始めるのに必要な元手

こちらに関しては、先ほども述べたようにソーシャルレンディングは最低1万円からスタート出来る投資サービスです。

よって初期費用としては数万円あれば簡単に始める事が出来ますので、収入がある方ならばすぐに始める事が可能です。

少額投資をしたい方は1万円から始められるクラウドバンクで投資するのがおすすめ。

利回り

ソーシャルレンディングの利回り

利回りとは、投資資金に対して年間でどれくらいの利益が発生したのかを表す数値のこと。

ソーシャルレンディングにおいては基本であり重要な事なのでしっかりと意味を理解して投資を行うようにしましょう。

案件の種類

ソーシャルレンディングの案件

主な案件は以下の6点。

①国内事業性資金

②国内不動産

③エネルギー

④海外事業性資金

⑤海外不動産

⑥海外個人ローン

手数料の仕組み

現状にはなりますが、ソーシャルレンディングの各種手数料は基本的に無料と明記されている会社がほとんどです。

しかし、手数料が掛からないのは投資家だけでありソーシャルレンディング業者は融資先から手数料を頂き運営をしている形です。

ソーシャルレンディングならクラウドバンクがおすすめ

クラウドバンク

ソーシャルレンディングをするならクラウドバンクが一番おすすめ

クラウドバンクの魅力

①ファンドの種類が豊富

②クラウドファンディングNo.1応募額

③1万円から簡単に投資が始められる

④平均利回り6.99%

⑤元本回収率100%

高い利回りと少額投資が可能で、さらに元本回収率100%でリスクが低いのも魅力的。

豊富な案件があり、自分の希望する利回り・運用期間の案件に投資することができます。

ソーシャルレンディングをするなら非常に定番の業者です。

まだ口座開設していない方は今のうちにしておきましょう!

\元本回収率100%!/

クラウドバンクに無料で登録する!

▼クラウドバンクの評判については以下の記事をご一読ください!

【クラウドバンクの評判・口コミ】メリット・デメリットを紹介!

【まとめ】ソーシャルレンディングとは

今回はソーシャルレンディングとはどう言ったサービスなのかを初心者向けに解説を行いました。

結論としては、ソーシャルレンディングはこれから市場がもっと拡大され注目を浴びるサービスになると思います。

本記事ではメリットからデメリットまで更に仕組みまでも解説をしましたが、確実に言えることは必ずしも利益が出るわけではありませんので、

メリットばかりを鵜呑みにしたりネット上の情報を鵜呑みにして始めないようにして欲しいです。

しっかりと戦略を立てて投資を行い損失は最小に利益は最大」にを目標に少しでもこの記事を読んでくださった方が成功することを祈っております。

\元本回収率100%!/

クラウドバンクに無料で登録する!

▼ソシャレンの業者については以下の記事で詳しく解説しています!

【10社比較】ソーシャルレンディング業者おすすめランキング!投資をはじめるならどこ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA