【maneoの評判・口コミ】メリット・デメリットを3つずつ紹介!

今回は、ソーシャルレンディング業者でありサービスを提供しているmaneoの紹介をしていきます。

ソーシャルレンディングは、人気も出てきており新規参入するユーザーも増えているといわれています。

既に、ソーシャルレンディングを始めている方でも多くの方がmaneoをご利用していると思います。

それでは、maneoの実際にはどんなメリットとデメリットがあるのかを見ていきましょう。

本記事は、新規参入やmaneo以外のサービスを利用しているが、maneoに乗り換えを検討している方などに向けた記事になります。

この記事をよむとわかること
  • maneoのメリット
  • maneoのデメリット
  • maneoの口コミ・評判
  • maneoの運営会社について

maneoでソーシャルレンディングをはじめたいと考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

\運用利回りが高い!/

maneoに無料で登録する!

maneoの概要

maneo

maneoは、ソーシャルレンディング業界では運営歴10年の会社であり、貸付型クラウドファンディングの実績No.1の会社です。

成立総額も1644億円と運営実績も業界では、トップクラスで安定感のあるサービスといえます。

それでは、maneoのポイントについて開設をしていきます。

maneoポイント
  1. 運用利回り5%〜8%
  2. 手数料 0円
  3. 毎月分配
  4. 数万円からの少額投資

ポイントの中でも、運用利回りが5%~8%は高い利回りと言えます。

また、毎月分配されるのは利用者にとって、嬉しいサービスだと思います。

投資などのサービスでは手数料が高かったりと以外と痛いですよね。

ですが、maneoでは手数料が無料なのでそんな心配はいりません!

maneoも、数万円の少額投資からスタートでき、利回りも高く手数料なども無料ですので、ぜひ口座開設をしてみてください。

\運用利回りが高い!/

maneoに無料で登録する!

maneoのメリット

maneoのメリット

それでは、maneoのメリットについて紹介していきます。

maneoのメリットをまとめると下記の内容になります。

maneoメリット
  • 各種手数料が無料
  • 利回りが高い
  • 実績がNo.1

上記が、maneoのメリットまとめになります。

順番に解説をしていきます。

各種手数料が無料

手数料が無料

maneoでは、公式サイトでも特徴として取り上げられている、各種手数料が無料となっています。

しかし、各種手数料とはどこまで無料になるのかが、初心者の方などにはわからないと思いますので、詳しく説明していきます。

まずは、各種手数料の種類について確認していきましょう。

各種手数料の一覧
  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料
  • 成約時手数料

以上が、maneoで手数料が無料になる条件です。

思った以上に、少ない印象ですが初心者でスタート時に手数料などで、お金を取られないのは気楽に始められる一つの要因ともいえます。

せっかくですので、どういった場合に手数料が発生するのかも確認していきましょう。

各種手数料がかかるもの
  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • サービサーによる回収手数料

以上が、手数料が発生する条件についてです。

入金手数料と出金手数料は銀行の手数料で、詳しく説明しなくてもわかると思いますので、サービサーによる回収手数料のみを解説したいと思います。

サービサーによる回収手数料とは、投資先が貸し倒れや返済の延滞が起きてしまった場合に発生します。

maneoが債権の回収ができれば手数料はかかりません。

ですので、maneo自身が債権の回収ができない場合にサービサーによる回収手数料が発生すると覚えていればよいです。

しかし、maneoはこれまでに貸し倒れはなく、返済の延滞も全体の約0.06%しか起こってないので、あまり気にしないでよいと思います。

利回りが高い

利回りが高い

ソーシャルレンディングに置いて利回りは、収益を上げるのためには欠かせないものです。

maneoでは、運用利回りが5%〜8%と言われています。

もちろん、さらに高い利回りの案件なども存在します。

maneoには、実際に案件をみて頂いたら分かるかと思いますが、利回りが平均の5%〜8%を超えている案件が多いです。

投資金額が高いのに対して、利回りが低いと利益が低くなってしまいますので、利回りが高い案件を狙うようにしましょう。

実績がNo1

実績がno1

maneoは、ソーシャルレンディングの成立ローン総額は累計786億円超で、最も大きな市場シェアを獲っているソシャレン業者です。

運営実績も11年とソーシャルレンディング業者では、安定している会社です。

ソーシャルレンディングではどうしても不動産関係に偏りがちですが、maneoはさまざまなジャンルを取り扱っており、案件数も業界最大規模です。

maneoのデメリット

maneoのデメリット

次は、maneoのデメリットについて紹介していきます。

maneoのデメリットをまとめると下記の内容になります。

maneoデメリット
  • 行政処分の経験あり
  • 貸し倒れの経験あり
  • サイトが使いにくい

上記が、maneoのデメリットまとめになります。

順番に解説をしていきます。

行政処分の経験あり

メリットの後に、驚いた方もいるかと思いますがmaneoは過去に行政処分を受けた経験があります。

問題指摘をされた内容は下記になります。

問題点
  • ファンドの取得勧誘に関し、虚偽の表示をした行為
  • 資金管理の実態や資金の使途を把握できる管理態勢

以上が、問題指摘の内容になります。

11年も運営しており、数々の実績を持ちながらも行政処分がされているのが現状です。

ですが、maneo側も行政処分の業務改善命令に従い改善をしたので、少なからず運営状況の改善はされていると信じたいです。

貸し倒れの経験あり

貸し倒れとは、投資家が出資したお金が返ってこないことを意味します。

実際に、maneoは貸し倒れの経験がありますが個人向けローンファンドで貸し倒れを起こしています。

しかし、投資家に負担や会社のブランドにも影響が出ると判断して、2011年に個人向けローンファンドから撤退しました。

現在のmaneoは、企業向けローンファンドのみしか取り扱っていません。

ちなみに、企業向けローンファンドでは一度も貸し倒れはありませんので、その点では安心して頂いてよいと思います。

必ずないとは限りませんので、完全に鵜呑みにはしないようにしましょう。

サイトが使いにくい

これは、デメリットに感じる方とそうでもないという方がいるかと思いますが、maneoのサイトは使いにくいと言われています。

そして、maneoのサイトで使いにくいと言われている部分は、投資家ページ(管理画面)です。

具体的には、スマホに対応していないや文字が小さいにシステム障害が主な原因です。

個人的にはサイトデザインがみにくいと感じることがあります。

しかし、調べてみるとソーシャルレンディング業者のサイトは、maneoのみに限らず使いにくいと言われている業者がまだ他にもたくさんあるそうです。

そんな中で、クラウドバンクというソーシャルレンディング業者のサイトは使いやすいとユーザーから評判が高いそうです。。

maneoのデメリットが気になる方はクラウドバンクがオススメ

クラウドバンク

maneoのデメリットが気になる方にはクラウドバンクがおおすめ。

クラウドバンクのポイント
  1. 初心者でも分かりやすい簡単な取引
  2. 600億円超の応募金額と回収率100%の実績
  3. バリエーション豊かなファンドの数々
  4. 2ヶ月間で1万円からの投資も可能
  5. 担保や保証も万全の安心できる運営

高い利回りと少額投資が可能で、さらに元本回収率100%でリスクが低いのも魅力的。

豊富な案件があり、自分の希望する利回り・運用期間の案件に投資することができます。

maneoにも負けないぐらい評価が高いクラウドバンクは非常に定番の業者です。

まだ口座開設していない方は今のうちにしておきましょう!

\元本回収率100%!/

クラウドバンクに無料で登録する!

maneoの口コミ・評判

ここまでは、maneoに関する様々な情報について紹介をしていきましたが、次は実際に実践をしてる方などの口コミ・評判を見てみましょう。

以上が、Twitterで実際にmaneoをされている方の口コミになります。

これから始めようと考えている方などは、口コミをググったりやTwitterなどSNSで個人でやってる方などの意見や報告を見て判断するのも良いと思います。

\運用利回りが高い!/

maneoに無料で登録する!

maneoをおすすめできる人

maneoがオススメできる方は以下になります。

オススメできる人
  • 業界大手で始めたい方
  • 様々な分野の案件に投資したい方

maneoは11年目もソーシャルレンディングを運営している業界大手会社です。

案件の多さでは、業界最大規模といえる案件数と多種類によるジャンルの展開がされています。

maneoをおすすめできない人

maneoがオススメできない人は以下になります。

オススメできない人
  • 最低投資額で始めたい方
  • 保証できる投資をしたい方

maneoでは、最低投資額が2万円からと他の業者と比べると少し高めに設定されています。

同業者のクラウドバンクなどでは、最低投資額が1万円からとなっているので、最小額で投資をしたい方には向いていないと思います。

また、案件の保証について心配がある方はクラウドバンクがオススメです!

クラウドバンクは、これまでに投資金160億円も回収をしていますので、安全性が高いと言われています。

maneoがおすすめできない人は、ぜひクラウドバンクの口座開設をしてみましょう。

\元本回収率100%!/

クラウドバンクに無料で登録する!

maneoの運営会社

maneoの運営会社は、maneoマーケット株式会社が運営しています。

会社も2007年から創業されており、ソーシャルレンディング事業も11年目と実績のある企業です。

事業会社向けの不動産担保融資を中心とした貸付を行っています。

ソーシャルレンディングを日本で最初に提供した、最大手の会社である。

maneoの口コミ・評判まとめ

ソーシャルレンディングは、会社員などの時間が限られている方などの副業などで人気が出ている投資サービスです。

maneoは日本で初のソーシャルレンディングのサービスを提供した会社でもあり、これまでにソーシャルレンディング業界を引っ張ってきました。

業界大手で、案件の種類と案件数も業界最大規模ですので、これからソーシャルレンディングを始める方などはmaneoから始めてはいかがでしょうか。

まだ口座開設していない方は今のうちにしておきましょう!

\運用利回りが高い!/

maneoに無料で登録する!

▼他のソーシャルレンディング業者については以下の記事で解説しています!

【10社比較】ソーシャルレンディング業者おすすめランキング!投資をはじめるならどこ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA